{その他の関節の痛み}

関節の歪みの炎症を生む
骨と骨の位置が歪み不適合な場合、スムーズに潤滑できなくなり摩擦が起こり熱が発生します。この熱が蓄積したものが関節炎です。スムーズな運動が出来なくなり熱を血管から放出し運びにくくなり炎症がひどくなります。

炎症がタンパク質を壊す
我々の細胞の主役であるタンパク質は熱に非常に弱いのです。
タンパク質の主成分の卵は人体の平温より少し高い約42度のお湯に浸しますと固まり温泉卵になります。関節内の血管や膜、筋肉などのタンパク質は炎症が起こることで分解されると、疼痛物質が合成され神経の根元がこの疼痛物質を受け止めると脳に伝えられ痛みとして認識し現れます。

治療法として骨盤と股関節の動きの異常を調べ、骨盤の動きがスムーズに潤滑するように処置します。そして、各関節にも骨と骨がスムーズに潤滑し動くようにアプローチを加え、そして炎症に対しての生理的な局部冷却で熱をとり関節の正常化を図ります。




× 閉じる

西村整骨院 〒537-0003 大阪市東成区神路1-1-12 電話 06-6976-3987
当サイト内の文章・画像の無断転載を禁じます。